您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 综合日语泛读 > 正文

中日对照阅读:お祭り

时间:2009-01-11 21:08:34  来源:本站原创  作者:maggie收藏  [网页划词已启用]

 町を歩いていると、たまにお祭りを見かけることがある。
 日本では昔から米が重要な農産物であった。その農産物や、その他のこの世の中のすべてのことは、みな神の力によって決められると考えられていた。だから、昔から田植えのときには、米がたくさん取れることを神に祈ってお祭りを行ない、秋になって稲が実ると、神に感謝して秋祭りを行うことになっていたのである。しかし、現在ではどちらかというと、宗教の要素より観光的要素の大きいものも少なくない。 
 お祭りの日には、あちこちちょうちんが飾られ、子供たちは神社へ行って太鼓をたたく。またおみこし出され、若い人たちが町中村中をかついで回る。暗くなると大勢の人々が神社に集まる。神社のあたりはたいへんな人出で、人々は回りの人に押されたり足を踏まれたりする。

 子供たちはきれいな着物を着せられ、父母に手を引かれて神社へお参りに行く。鳥居をくぐる 
と、小さな店がたくさん並んでいる。店にはおもちゃやお菓子などが並べられている。父母は子供にお菓子やおもちゃをねだられる。だから、お祭りになると、子供たちはどんなにうれしいかわからない。  

 

译文

  走在街上,偶尔会看到祭祀活动。
  稻米是日本自古以来重要的农作物。这些农作物以及世上存在的其他一切事物,在古时候都被认为是受神的力量支配的。所以自古以来,在插秧的时侯就举行祭祀活动,向神祈祷稻米丰收。到了秋天,当稻子成熟时,就举行秋祭,向神表示感谢。不过,现在说起来,有许多祭祀活动,它的观光意义要远远大于宗教意义。 
  在举行祭祀的日子,到处张灯结彩,孩子们去神社敲大鼓。还抬出神轿,年轻人抬着它在城里或乡村转来转去。到了傍晚,人们便集中到神社。神社四周人山人海,人们你推我挤,不时踩到别人的脚。
  孩子们穿着漂亮的和服,父母们牵着他们的手去参拜神社。走进神社牌坊,便看到排列着许多小店,店里摆着各种玩具和糖果。孩子们央求父母替他们买玩具和糖果。所以,一有祭祀活动,孩子们不知有多高兴。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量