您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 东京塔 > 正文

双语阅读:【日本经典小说连载】东京塔(1)

时间:2011-12-07 15:06:49  来源:可可日语  作者:dodofly收藏  [网页划词已启用]

 东京塔这部小说从“我”一点点长大,一直写到“我”目送着母亲因病去世,各种生活细节每每令人感同身受,因而赚取了读者大把的眼泪,也当之无愧地成了哭泣小说的首席代表。

\

Ⅰ(1)

  それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。
  東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。
  きれいに遠心力が伝わるよう、測った場所から伸びている。
  時々、暇を持って余した紳様が空から手を垂らして、それをゼンマイのネジのようにぐるぐる回す。
  ぐるぐる、ぎりぎり、ボクらも回る。
  外灯に集まる蚋みたく、ボクらはやって来た。見たこともない明かりを求めて、それに吸い寄せられた。故郷から列車に揺られて、心揺らして、引き寄せられた。
  弾き飛ばれる者。吸い込まれる者。放り出される者。目の回る者。誰の力も及ばず、ただ、その力の向かう方角に引っ張られ、いずれかの運命を待つばかりだ。
  千切れるほど悲しいことも腹がねじれるほどに悔しいことも、すべてのわけのわからないことも抗うことはできず、回り続ける。
  ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる。
  そして、ボクらは燃き尽くされる。引きずり込まれては叩き出される。
  ボロボロになる。
  五月にある人は言った。
  それを眺めながら、淋しそうだと言った。
  ただ、ポツンと昼を彩り、夜を照らし、その姿を淋しそうだと言った。

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量