您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 畅谈日本文化小站 > 正文

畅谈日本文化小站第95期:关东关西的差异

时间:2012-06-26 08:24:32  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

A:お昼はマック、あ、マクドナルドで食べましょうか。

B:マックってマクドナルドのことですか。

A:ええ。関東ではマクドナルドを省略してマック、関西ではマクドと言います。また、ケンタッキーは関東ではケンタ、関西ではケンチキと言います。

B:そうですか。関東と関西では言い方が違いますか。おもしろいですね。

A:日本では関東と関西では違うところが結構ありますよ。例えば、東京のエスカレーターでは、人々は左側に立ち、右側は急ぐ人のために空けられていますが、大阪では逆で、人々は右側に立ち、左側を急ぐ人が通ります。また、冷蔵庫や洗濯機など家電製品を使用する場合、関東では50ヘルツ、関西では60ヘルツと電力の周波数が異なっていることはよく知られています。

B:へー!それを統一しないと不便とかがないんですか。

A:まあ、最近の家電製品はほとんどが共用になっているから、大丈夫です。でも、JRの在来線もやはり途中に50ヘルツと60ヘルツの境があります。東海道新幹線は東京まで全線が60ヘルツの電気を使用しているらしいです。
\

A:中午我们去吃“マック”吧。

B:“マック”是麦当劳吗?

A:对。在关东麦当劳简称“マック”,在关西简称“マクド”。还有肯德基在关东叫“ケンタ”,而在关西则叫“ケンチキ”。

B:是吗?关东和关西的说法不一样呀。真有意思。

A:在日本,关东和关西有很多不一样的地方。比如,在东京的滚梯上,人们站在左侧,右侧给着急的人空出来。而大阪正好相反,人们站在右侧,着急的人走左侧。还有大家都知道的电力的频率不一样。冰箱、洗衣机等家电,在关东是50赫兹,而在关西是60赫兹。

B:是吗?那不统一的话没有什么不便吗?

A:最近的家电都可以共用了,没什么大问题。可是JR的原有铁路线仍旧在中途有一个50赫兹和60赫兹的分界线。听说东海道的新干线到东京全线使用的都是60赫兹的电。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量