您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 伯爵与妖精 > 正文

《伯爵与妖精》卷六第七章在妖精界立下约定7.6

时间:2012-06-19 11:04:42  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

「リディア、あんたも結ってあげる。濡(ぬ)れたままじゃうっとうしいでしょ」

「莉迪雅,我也帮你把头发绑起来吧,湿答答的不太舒服吧。」

ベティは、有無(うむ)を言わせぬ口調(くちょう)でリディアの肩をつかむと、椅子(いす)に座らせた。

贝蒂不容分说地按住莉迪雅的肩膀,要她坐在椅子上。

「かわいいドレスだよな。それあいつの趣味?」

「好可爱的洋装喔,是那家伙的喜好吗?」

からかうようにロタが言う。

萝塔故意调侃莉迪雅。

\

自分の服が汚れてしまって、ほかに着替えもなく、リディアはここへ着いたとき身につけていた令嬢ふうのドレス姿だった。

莉迪雅自己的衣服已经脏得不能再穿,临时又没有其他换洗衣物,只好再穿上刚到村子时那件贵族风格的华丽洋装。

でもなんだか、エドガーのためにきれいにしてるみたい。

不知为何,莉迪雅突然觉得自己好像是为了爱德格才精心打扮的。

髪を結われながら、ますますリディアはそう思う。

当贝蒂帮她绑头发时,这种心情越发强烈。

上一页 [1] [2] [3] [4] [5] [6] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量