您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 伯爵与妖精 > 正文

《伯爵与妖精》卷五第五章美艳的后宫佳丽5.7

时间:2012-04-17 10:11:28  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

「ゴブリン?ユリシスが使っている妖精たち?」

「哥布林?他们是尤利西斯操纵的妖精吗?」

リディアを助け起こし、エドガーは壁の穴を見つめた。

爱德格扶起莉迪雅,然后注视着墙壁上的洞穴。

「今の衝撃(しょうげき)もゴブリンのせい?」

「刚才的震动也是哥布林引起的吗?」

「エドガー、近づいちゃだめ。穴の向こうはゴブリンの縄張(なわば)りよ。人間界じゃないの」

「爱德格,不可以太靠近洞穴,因为里面不是人类的世界,而是哥布林的地盘喔。」

\

「たしかに、この壁の向こうは廊下(ろうか)のはずなのに、まるで洞窟(どうくつ)みたいなのが続いてるね」

「的确,墙壁的另一端本来应该是走廊才对,但现在却有如一个无尽向外延伸的洞窟。」

「きっと、ユリシスに命じられて侯爵を追ってるのよ。彼がこの店に隠れてるってことがばれたのね」

「他们一定是受到尤利西斯指使而来追赶侯爵的吧,看来他躲藏在这家店的消息已经走漏了。」

「とすると、ユリシスがここに来るかもしれないってことか」

「也就是说,尤利西斯有可能追来这里啰?」

上一页 [1] [2] [3] [4] [5] [6] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量