您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 畅谈日本文化小站 > 正文

畅谈日本文化小站第274期:众神聚在出云社

时间:2013-03-25 08:03:49  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

質問:

聞いた内容によって、10月は、全国の神様が出雲に集まることから、出雲大社ではこの月を何と呼んでいますか。

a. 「神無月」です。

b. 「神在月」です。

c. 「出雲月」です。

\

   10月は、全国の神様が出雲に集まることから、神が不在の月で「神無月」と呼ばれている。日本中から八百万の神様が出雲大社で、人間の運命についての話し合いが行われる。つまり、だれとだれを結婚させるかを決めているのだそうで、そのため、出雲大社が縁結びの神様と言われ、また、出雲大社ではこの月を「神在月」と呼んでいる。話し合いの期間が1ヶ月で、この間、各地では神々がいなくなるため、10月は1年で祭りがもっとも少ない月である。

答え:b

      10月,全国的神灵都聚集在出云(日本地名),众神都不在的这个月被称为“神无月”。日本的众神都在出云神社进行有关人世间命运的探讨。也就是说,决定让谁与谁结婚,因此,出云神社被视为“月下老人”。此外,出云神社称此月为“神在月”。协商的时间为一个月,这期间,因为各地神灵都不在,所以10月是一年中祭祀最少的月份。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量