您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 畅谈日本文化小站 > 正文

畅谈日本文化小站第273期:中秋夜的动人俳句

时间:2013-03-22 13:10:25  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

質問:

聞いた内容によって、どれが松尾芭蕉の俳句ですか。

a. 名月や、池をめぐりて、よもすがら。

b. 名月を、とってくれろと、泣く子かな。

c. 名月や、兎のわたる、諏訪の湖。

\

月の満ち欠けは、昔の人の目からも神秘的で、情緒的なものだった。月が欠けて満ちるその姿から作物が育ち実ることへの感謝を感じ、また生命の神秘を連想させることから、先祖の霊をしのぶ思いも込められている。

松尾芭蕉の俳句:名月や、池をめぐりて、よもすがら。

小林一茶の俳句:名月を、とってくれろと、泣く子かな。

与謝蕪村の俳句:名月や、兎のわたる、諏訪の湖。

答え:a

月亮的圆缺,在古人眼里是充满神秘和情趣的。从月圆月缺的情景联想到农作物的成长收成,心怀谢意,并联想到生命的神秘,从而追念祖先的灵魂。

下面介绍几句日本关于中秋明月的佳句:

松尾芭蕉的俳句:中秋明月下,信步绕池塘,夜色渐白矣。

小林一茶的俳句:中秋明月啊,摘下供玩赏,孩子哭闹乎。

与谢芜村的俳句:中秋明月下,兔渡诹访湖,一只又一只。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量