您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 畅谈日本文化小站 > 正文

畅谈日本文化小站第262期:溯源七夕

时间:2013-03-06 08:01:58  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

質問:

聞いた内容によって、牽牛星を日本語で言うとなんですか。

a. 「彦星」です。

b. 「流れ星」です。

c. 「惑星」です。

\

   牽牛星を日本語で言うと「彦星」、織女は「織姫」。起源は中国漢代の牽牛織女の悲しい伝説であり、7世紀に遣唐使を通して日本に伝わり、日本固有の各種織女伝説と合わさり、宮廷式となったが、江戸時代にようやく民間の祭典として広まった。7世紀後半から8世紀後半にかけて書かれた日本で現存する最古の和歌集『万葉集』巻10の中に、有名な七夕の歌が2首ある。

織女の

今夜逢いなば

常のこと

明日を隔てて

年は長けむ


天の漢

かぢの音聞ゆ

彦星と

織女つめと

今夕逢らしも

答え:a

      日语中,将“牵牛星”称作“彦星”,将“织女星”称作“织姬”。起源于中国汉代的牛郎织女的凄美传说,7世纪通过遣唐使流传到日本,与日本固有的各种织女传说结合,成为宫廷的例行仪式,江户时代最终发展为民间的祭祀仪式。7世纪后半叶到8世纪后半叶,编纂而成的日本现存最早的和歌集《万叶集》卷十中,就有两首著名的七夕和歌。

织女今宵会

相逢事不常

明朝离别后

相隔一年长


桨击银河水

闻声恋意浓

牛郎同织女

今夕喜相逢

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量