您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 畅谈日本文化小站 > 正文

畅谈日本文化小站第261期:牛郎织女相逢泪

时间:2013-03-05 08:15:36  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

質問:

聞いた内容によって、7月の関東地方はちょうどどんな時期と重なっていますか。

a. 花見の時期です。

b. 梅雨の時期です。

c. 紅葉狩りの時期です。

\

   昔は旧暦に行われており、七夕当日は清らかで透き通った上弦の月を見ることができたが、今は日本ではほとんどの祝日が新暦を採用しており、また、7月の関東地方はちょうど梅雨の時期と重なっていることもあり、天の川が見れる機会も少なくなっている。そこで、七夕に降る雨を「催涙雨」または「催涙雨」と言い、彦星と織姫が出会った際に流す涙と伝えられている。

答え:b

      过去人们使用阴历,在七夕当日能看到清澈的上弦月。如今,日本大部分节日均采用阳历。另外,关东地区7月正逢梅雨期,能看到银河的几率很小。七夕那天下的雨称为“催泪雨”或“洒泪雨”,传说是牛郎与织女相逢时流的泪。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量