您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 畅谈日本文化小站 > 正文

畅谈日本文化小站第144期:什么人不能过桥?

时间:2012-08-31 08:21:28  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

質問:

聞いた内容によって、境内を進むと、とどろ橋を渡ります。どんな人はこのとどろ橋を渡ってはならないのですか。

a. 歯の痛い人です。

b. 頭の痛い人です。

c. 腹の痛い人です。

\

   境内を進むと、とどろ橋を渡る。が、よく見ると水がないのに橋がかかり、しかも板張り部は舌、石部分は歯に見立てられ、歯痛の人は渡ってはならないという。そして、その横にある龍が水を出している手水鉢の足元をのぞき込むとフクロウが見える。しかも、この水を含んで祈ると、歯痛にご利益があると伝えられてきた。

   ほかにも、地主神社の本殿前で寝かされていた平景清の足形石がいつの間にか立っていたり、三重の塔にある東南角の屋根瓦だけが水の神である龍が使われていたり。清水の舞台のほぼ上、持ち上がるとご利益があるとされる重さ96kgもの弁慶の鉄の錫杖、男性が触ると浮気しなくなるというこれも弁慶の鉄下駄は、もしかしたら見たことがあるかもしれない。その清水の舞台も、釘を一本も使わず、一度はめたら決して外れない「地獄組み」という手法で作られている。

答え:a

      沿着院内前行,过一座叫“轟之桥”的桥。仔细一看,桥下并没有流水。而且,桥板处是舌头,石头部分是牙齿的造型,据说牙疼的人不能过这座桥。侧面是喷水的龙池(供敬香前净手),再看洗手钵的下面,就会发现猫头鹰像。而且,据说含着这里的水祈愿的话,对治牙疼非常有效。

      另外,曾躺在地主神社大殿前的“平景清”是足形石,不知什么时候起来了。三重塔只有东南角的屋顶瓦,装饰有水神——龙。清水舞台上面,有一个重达96公斤的“僧人”的铁锡杖,还有据说男人只要触摸它的话就不会见异思迁的“僧人”的铁木屐,说不定您已经领教过了。那个清水舞台,不使用一根钉子,据说是用了一种绝对不脱离的叫作“地狱组合”的技术建造而成的。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量