您现在的位置:首页 > 日语考试 > 日语一级考试 > 备考资料 > 正文

日语一级阅读测试5(有答案)

时间:2008-02-22 22:23:37  来源:本站原创  作者:Echo收藏  [网页划词已启用]

≪読解検定≫

日本美への賛美

川端康成

 『会葬の名人』が川端康成の作品で、川端康成は会葬の名人であった。二、三歳で母を、七歳で祖母を、そして十五歳までに、たった一人の姉と、祖父とをことごとく死界に送ったからだ。

 川端康成は、1899年6月14日に大阪市北区花町で生まれた。父は医師で医院を開業していたが、谷堂と号し、漢詩、文人画などをたしなんだ。川端家はかなりの旧家で、財産もあったが、祖父に死なれてから、康成はまったくの孤児になった。このような生い立ちは彼の生涯と芸術に決定的な影響を及ぼした。彼の文学はこの少年期に陥った不幸の中から、人間としての自覚と誇りをつかみなおしていく手段であり、過程であったといってよい。「私の孤児は、私について言う論者のすべてが刺す点で、・・・私は論者にさからひはできない。私自身がずいぶんとその感傷にあまえた少年であっただろう」と、彼自身晩年にかいている。

 しかし、旧家の長男に生まれたものだか、財政には困らなかった。1917年に中学校卒業後、上京して一高二入学し、三年間の寮生活をした。『私は一高の寮生活が、一二年級の間はひどくいやだった。中学五年の時の寄宿舎と勝手が違ったからでもある。そして私の幼少年時代が残した精神的の病患ばかりが気になって、自分をあわれむ念と自分をいとう念とに堪えられなかった。それで伊豆へ行った。」

 伊豆の旅で出会った踊り子の淡い恋を作品化したのは、その初期代表作の『伊豆の踊り子』である。この短篇は、作者の体験に直接基づいている点では私小説といってよいが、この「私」が主人公と言うよりむしろ語り手であり、描写の主眼が題目の示すように「踊り子」におかれている点が、前の時代に見られぬ新しさであった。主人公をこのような自己喪失にみちびいたのは、彼の「孤児の感情」であった。ひがみと甘えの交錯に自分を見失い、考えすぎに疲れた据えた旅に出た青年にとって、素朴な踊り子一家の情熱な好意が回生の糧になった。土の香りのする牧歌的な恋愛が、早熟な自意識に苦しむ青年の救いとして展開される点に、この小説の生命と現代性がある。

 だが、「回生の糧」になってもらうために、踊り子は処女でなければならない。作品に次の一節がある。

 彼に指さされて、私は川向こうの共同湯のかたを見た。湯気の中に七八人の裸体がぼんやり浮かんでいた。

 暗い湯殿の奥から、突然裸の女が走り出してきたかと思うと、脱衣場の突鼻に川岩岸へ飛び降りそうな恰好で立ち、両手をいっぱいに伸ばして何か叫んでいる。手拭もない裸だ。それが踊り子だった。若桐のように足のよく伸びた白い裸身を眺めて、私は心に清水を感じ、ほうっと深い息を吐いてから、こと子と笑った。子どもなんだ。私たちを見つけた喜びで真裸のまま日の光のなかに飛び出し、爪先で精一杯伸び上がるほどに子どもなんだ。私は朗らかな喜びでことことと笑いつづけた。頭が拭われたように澄んてきた。微笑がいつまでもとまらなかった。
  
 踊り子の髪が豊かすぎるので、十七八に見えていたのだ。その上娘盛りのように装わせてあるので、私はとんでもない思い違いをしていたのだ。

 踊り子の年齢について思い違えをしていたことがわかった時、主人公の高校生はなぜそれほどまでに烈しい喜びを感じたのか。

 たしかに、作品構成のうえからいって、踊り子は子どもでなければならない。踊り子と高校生との関係が密接になるにしたがって、踊り子が肉の匂いを放ちはじめたのでは、温和で郷愁的な伊豆の風物を基調とするこの作品のトーンに8破綻が起こる。旅芸人も、作者の郷愁の世界のための風物である。ということは、伊豆の風物は観光旅行者の眼で見る必要があり、旅芸人はそれに情緒を感じ取ることができる別の世界からの眼で捉える必要がある。

 ときに、旅芸人の生活の裏面をのぞかせても、それは「わびしさ」と第三者が情緒的に感じられる範囲を越えてはいけない。

上一页 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量